猫との生活、その他自分の好きなこと・・・ひとりごとです。
ロックンロールで終わったGW
2017年05月11日 (木) | 編集 |
連休が終わって、電車で急病人続出のニュースがちらほら。
ようやく誰もがいつもの日常に戻った頃かな?

いやはや、ずいぶん更新していなかったのね。
遠方に旅立っていたわけでもないのに。

GW中、交通渋滞の報道があったから
東京の町はいつもより空いているかも、と。

化粧品を買いに出かけた新大久保も
人がわんさか。

いつものランチ、この頃はするっと入れるようになっていた
カントンの想い出も珍しく外で待たされた。

どうやら、連休中は皆どこかに出かけているみたい。

で、連休最後の日曜日は、新宿へ。
予想通り、新宿駅の改札を出ると、人、人、人。

最近、おおぜいで動く中国からの観光客も多いので、
ここは日本?と疑いたくなる光景もしばしば。笑

ということで、人の波を抜け、
新宿メモリーズのカーニバル・ロックへ。

飲食するのを忘れてしまうくらい
オールディーズを密に贅沢に聞かせていただいた。

席についてすぐ、サックスの藤丸さんの姿を見つけ、
大ファンの友人も思わず笑顔。

Oldies始まるよ

次々歌われるオールディーズの曲。
エルビスの曲も含め、聞きなれたメロディーが心地よい。

ドゥーワップありの楽しいステージ。
レコードやCDを持っているわけでなくても、身体になじんでいる曲多し。

その中で、ジョニー椿さんが曲名を口にしたとたん、
お近くの席にいたエルビスファンと思われる
私よりやや年長そうなご婦人たちが思わず歓声をあげた!

これには、びっくり。

「太陽は燃えている」 ←クリック 動画

たしかこの歌かと・・・というくらいしか、
私にはなじみがないので、間違っていたらすみません。汗

エンゲルベルト・フンバーティングという名前が言いにくい、
という理由で何かのゲームで名前をよく使った記憶がよみがえる。

小学生のときかなぁ?
そういえば、私とエルビスとの出会いもその時代。

そうか、そんなに女心をくすぐる歌だったのかぁ、
と新たな発見。

そして、まいこさんという女性シンガーさんの歌に
会場しっとり。。。というか、陶酔?

ダイアナ・ロスのIf we hold on together ←クリック 動画

この歌、いい歌だとは思っていたけれど、
こんなにしっとり聴いたのは初めてかも。

この日は歌を楽しむつもりで、
写真を撮らないでしまっていたのに・・・思わず、カシャ。

いい声だなぁ

あいかわらずのボケ画像だけれど、
あの時の感動がこの画像に現れていると思うのは私だけ?

最後は、森さん。
この日はチャック・ベリーのトリビュート。

エルビスのルーツはチャック・ベリー的なことは認識していたけれど、
それほどすごい人とはいざ知らず、失礼しましたという感じ。

一曲目のMaybelleneという歌も、
微妙な動きをするのね、と初めて知った感じ。

Maybellene ←クリック 動画(Chuck Berry with Gerry)

でも、たしかに、これぞロックンロール・・・という歌ばかり。
改めて、ご冥福を祈りたいと思います。

ステージで歌っていた皆さんの
音楽が好きでたまらない感が伝わってきたひととき。

好きなこと、夢中になれる
ことがある人生っていいなぁ


と思った時間だったと、書き留めておきましょう。

さて、寒くなったり、暑くなったり、
皆さま、体調崩さないように気をつけましょうね~

********

投稿者さんに感謝の発掘動画(動物編):

SingItKitty Bronte ←クリック 動画

ブロンテちゃん、ワイルドと思っていたのに、
後半を見ると、案外お嬢様だったのね。



年代を感じる衣装
ギターの人、バディ・ホリーに似ている?
オールディーズのお勉強ができたGWでした!


里親募集応援中

いつでもご連絡を ←クリック

猫との生活はじめませんか♪ 



*おまけ*
発掘動画:Johnny B Good ←クリック 動画(Chuck Berry & John Lennon)

ビートルズにも大きな影響を与えていたそうで、
ジョン・レノンとのセッション、いいですねぇ。

    
                                                 
ご訪問ありがとうございます。
ブログ村バナー、クリックしてもらえたら嬉しいです。お気持ちに感謝!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック